運転時に冷静である

まず『冷静さ』が求められるのは、日常の運転時です。皆さんは経験がおありかもしれませんが、運転の仕方、というのは非常にその人の性格が表れる、とも言います。普段は優しそうなのに、いざその人の車に乗ってみるとイメージが一変する…という言い方は大げさかもしれませんが、そういうことがあります。しかし、実際に車の運転というのは、その人の性格によって左右されて良いものでしょうか。また、車の運転はその日の体調、または精神状態にも大きく左右されると言われています。待ち合わせに遅れそうなとき、どうしてもスピードを出してしまうかもしれません。またそういうときに限って、信号待ちが長く感じられたり、前の車が一向に進まないのが、癪に障ったりするかもしれません。そういった状況に置かれると、どうしても車の運転が荒くなってしまうことでしょう。しかし、そういった体調や精神状態に、車の運転が左右されることは良いことなのでしょうか。

どちらの場合も、やはり『良くないこと』といえます。もちろんだれもが同じような乗り方をすることは出来ませんが、だれもが共通の安全意識を持ち、「いつも」変わらず安全運転を行うように心掛ける必要があります。